目標達成をめざす浜松NO1メンタルコーチング

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

未来コーチングアーチ メンタルコーチ 鈴木未来

高校野球現在、浜松を中心にスポーツを通して、自己成長を目指す若人を中心にメンタルコーチングに携わる。
銀座コーチングスクール認定コーチ

こんにちは、私は、浜松NO1スポーツ系メンタルコーチ未来コーチングアーチを主催しています鈴木未来です。
このたびは、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
ここでは、私のプロフィールを公開しています。

銀座コーチングスクール認定コーチプロフィールページはこちら

 

コーチングは目標の達成イメージを明確に描きウキウキ・ワクワクで取り組み、コーチとクライアント様との関係を築き上げながら成果を積み上げ、より早くより大きな目標達成を実現しクライアント様がよりイキイキとした楽しい人生になることを目指しています。

 

経歴

小学生時代

1990年静岡県浜松市生まれ

小学校の頃から甲子園に憧れ、父親とよく河川敷に行き、キャッチボールをしたり、ノックやバッティング練習をしていました。
ただ、小学校時代にはリトルリーグなどのチームには所属できなかったため、早く中学生になって野球をしたいと思っておりました。

中学時代

念願の中学生になり、すぐに野球部に入部しました。しかし、その時にある大きなギャップを感じることになりました。
それは、周りの選手と比較すると体が小さく、力もない、圧倒的に劣っていました。自分自身この時ある意味のコンプレックスを感じて、このまま野球を続けてもやっていけるのかという不安を覚えた時期でもあります。

もっとうまくなりたい気持ちで硬式野球クラブに入団しました。その野球クラブにコーチがおり、そのコーチから言われた一言がこの後の野球部生活に大きな影響を与えてくれました。
それが

『練習は嘘をつかない』

という言葉です。

私それ以来、周囲の選手と比較するのをやめて、そして、そのフレーズを信じ、毎日 守備練習、素振り、体力トレーニングなどコツコツと継続的に練習を重ねました。その結果、その中学でレギュラーの座を獲得することができました。

その時に学んだことは、言葉の重要性、そして、励ますことの大事さ、築かれた壁や課題は、解決できるんだということ。です。

私はこの時に自分を信じることの大切さを学んだのです。

 

高校時代

そのまま高校に入学しました。そこでまた、新たなメンバーと部活動しました。もちろん、体が小さいには変わりはなかったのですが、自分を信じてひたすら、努力することを怠りませんでした。その結果、夏の静岡県大会では、シード校を破り、ベスト16という結果を残したのです。

この結果は、自分一人が出した結果ではなく、チームワークと各自の努力のたまものだと今でも信じています。

この中学、高校の6年間の野球生活で実現力や継続力を養うことができたのです。

就職そして社会人として

高校卒業後、就職。製造メーカーで約7年間、工場でかなり過酷な部署を担当、そして、過酷な業務を任され、結果を出すことができました。これも、野球部時代に鍛えられた体力や精神力があったからだと思っています。
そしてその功績を買われて、業務以外で行うプロジェクト活動のリーダーや軟式野球のチームリーダーなどを任せられるようになりました。またソフトボール選抜メンバーに選ばれ国体予選にレギュラーとして出場しベスト4という成績を上げました。このチームリーダー、プロジェクトリーダーを委任されたことは初めてのことでしたが、野球部で学んだチームワークを取り入れ、レギュラーとして、リーダーとして活躍できることができました。

このように、中学時代のコーチの一言が、私の人生に変化を持たせて、前向きに考え行動することの大切さを学んだのです。
そして、次に考えたのは、私のこの経験を今の若者にも伝えていきたい、サポートしていきたいと考えて、2015年4月にコーチングと出会い、銀座コーチングスクールにてコーチングを学び始め、9月に認定を取得 銀座コーチングスクール(GCS)認定コーチとなったのです。

現在は銀座コーチングスクール認定コーチとして野球のメンタルコーチとして活動しています。

銀座コーチングスクール認定コーチプロフィールページはこちら
未来コーチングアーチはまぞうブログはこちら

電話お問い合わせはCtobデザインが受付しております TEL 050-3592-5264 お問い合わせフォームで24時間365日受け付けています

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 未来コーチングアーチ All Rights Reserved.