【理想の自分から今の自分を見る】
「こんなことやってみたい」「こんな選手になってみたい」小さな少年が夢を持って野球チームに入団し中学高校と野球部にも入ることができたにも関わらずその夢を諦めてしまう選手が多いように感じました。
少年時代はとにかく夢中で目の前のことに集中し周りが見えないくらい野球を好きで努力していたのですが、なぜ自分がこうなりたいとかこんな選手になりたいと思っても諦めてしまうのか?

その理由は非常にシンプルです。
「無理だと思ってしまった」からなのです。中学高校にもなればいろんな環境で野球をやる機会が増えます。そこでの経験が無意識に無理だと条件付けてしまうからです。
だから小さいころからこんな選手になりたいと思っていても、自分には絶対無理だと感じてしまうからなのです。
このような選手は非常に多いです。これからという選手が諦めてしまうのは非常にもったいないですね。

こんな時、私はこのようにアドバイスします。
「今の自分ではなく、理想の自分から考えてみよう」
つまり、今の自分の経験や能力を無視してこうなったという自分が今の自分を見下ろすイメージです。

その自分はどんなことを言っているか?どうやったらそうなれたのか?いろんなアドバイスがもらえるはずです。

今の自分から考えてしまうとどうしても自分の能力の低さやこれまでの失敗がインプットされていますのでなかなかできると考えにくいのです。

このようなアドバイスをすると「なんだかやる気が湧いてきました」「できる気がしてきました」と言って元気よく練習に取り組んでいきます。

未来のできた自分から考えることが理想の選手になるために必要な考え方だと思います。
親御さんや指導者の方も今のお前には無理だと言わずこれからできるかもしれないという可能性を信じて接することが非常に重要です。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容