【決断する勇気を持つ】
「真剣だからこそ、ぶつかる壁がある。」松岡修造さんの言葉です。

剣に何かに取り組むということは、うまくいくこともいかないこともあります。

例えば練習に真剣に取り組むことです。練習していると何かうまくいかないことは必ず出てきます。

自分ができない人だからとか下手くそだからとかではなく、これは誰でもぶつかる壁です。一流選手でも多くの壁を乗り越えてまた更なる壁にぶつかってもちゃんと向き合い取り組んでいます。

課題があったら逃げたくなる気持ちもわかるのですが、そこで逃げてしまっては克服できません。

かと言ってすぐに解決しようとも思う必要もありません。

私は考えることが大事だと思っています。まずは、その課題に向き合うという決断をしてください。

「大丈夫、自分はこの壁を突破する!」

こうやって思うだけでも自信が湧いてきます。決断するということはそれだけの自信も得られることができて課題に取り組む姿勢も変わっていきます。

私が伝えたいことは、できないと思って闇雲に練習しても意味がないということです。

まずはやると決めること、できると思うことからです。

それだけで意識が変わっていきます。

今日の練習での課題は何ですか?ノートに書き出してみてください。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容