【少しずつできることを実行】
未来コーチングアーチ「壁があったら殴って壊す。道が無ければこの手で作る
未来が誰にも分からない中で、どれだけ自分を信じてやれるか」
サッカーの本田圭佑選手の言葉です。

自分の目標に向かって行動していけば必ず壁にぶつかります。

そのときに諦めてしまう人も多いように感じますが、そこを乗り越えればもっと自分は成長できるはずです。

私がサポートしている方で多い悩みが続けられるか不安、ちゃんと毎日続けられるかわからないといったことが多いです。

そして続けられなければ目標達成できないと思ってしまいます。もちろん行動しなければ何も変わりません。

まだやってもいないのに先のことを思い不安になってしまう人が多いのです。

これは私も経験があります。自分にはできないかもしれないと最初から諦めてしまうことがあります。

コーチとして人と接していく中で気づいたことは、人は目標を見失ってしまいがちだということです。見失うと自分はどこに向かって行動しているのかわからなくなり行動力自体が低下してしまうのです。

だから目標を明確にして、すぐにできそうな行動を考え実行する。これが自分を成長させるために必要なことなのです。

その少しずつできることを実行していくと自然と自分を信じられるようになっているのです。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容