【指導者の関わり方が選手を変える】
選手の実力を向上するためには、彼ら自身が、自ら、行動を起こすことが不可欠です。

そして、そのサポーターや指導者は、彼らが自主的に動き出す環境を用意してあげることが非常に大切です。
人は相手から期待されるとその通りの成果を出すことができます。

それを証明した実験があります。

小学生に知能テストを行い、今後、成績が伸びそうな生徒を選び担任の先生に伝えました。しかしその選んだ生徒というのは、無作為で選んだ生徒であったのですが、実際に成績が向上していったという実験です。これはアメリカの心理学者が行った実験で、無作為に選んだ生徒なのになぜ選んだ生徒みんなが成績が上がったのかというのは、先生が大きな期待を持って生徒たちに接していたからなのです。
その思いが生徒に伝わり実際に自分はできるという自信を持つことができ、成績が向上していったのです。

このことから指導者や親御さんの関わり方というのは選手たちに非常に大きな影響を与えられるということがわかっていただけると思います。
関わり方というのはそれほど重要なことなのです。

今まで選手たちにこうしなさいああしなさいと言っていませんか?それは選手を信じて接することではありません。

選手自身が自ら行動を起こしていくには、まず必ずできるということを言葉や態度で示すことが大事です。必ず選手に伝わり変化していくはずです。

今日から少しずつ関わり方を変えてみてください。
もっとたくさんの方法を知りたい方は私にお声がけください。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容