未来コーチングアーチ【欠けているところ】
自分に足りないとこは何か、できないところはどこなのか。試合や練習のときにこのようなことを考えたことはありませんか?

野球部時代は常に考えていた気がします。

試合でいい結果が出なかったり練習でミスをしたりすると自分にはまだ何かが欠けていると考えてしまうことが多かったです。

確かにそれを考えて練習することは良かったと思っているのですが最近になって思うのがどうして欠けている部分ばかりに目を向けてしまうのだろうかというところです。

そうすると意識が欠けている部分にばかりいってしまい、自分の今もっている能力やその他の自分にプラスになっている部分などが見えなくなってしまうことが多いです。

そのため自分のいいところはどこなのかとか何が強みなのかといったプラスの部分に目を向けられずに気づかないままになってしまいます。

その原因は指導者の接し方に原因があることが多いようです。

試合や練習が終わった後に否定的な言葉やマイナスな言葉を選手にかけているとその影響を強く受けてしまいます。

例えばこんな感じです。「今日の試合ではエラーが多かった」「ボールが走っていなかった」などの反省の意味でこんな言葉をかけていませんか?

このような言葉をかけ続けると選手は自信をなくしてしまいます。特に日本の指導は欠けているところを指摘することが多いようです。

もう少し選手の可能性を信じる関わり方が必要だと感じます。だからマイナスなところや否定的なことではなくもっとプラスなところや肯定的なところに意識を向けてみることです。

エラーしたとしても積極的にボールに向かっていたとしたらそこをしっかりと「ナイストライ!」「積極的に取りに行ってるよ」などの言葉で伝えてみてください。

そうすると選手は自信を持ってプレーすることができるのです。このような接し方が選手を信じることです。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容