未来コーチングアーチ【本番のときだけが戦いではない】
高校野球を見ているとそれぞれのチームは勝つためにたくさんの努力をしてきています。私達が普段テレビで見る甲子園に出るようなチームはそこに至るまで人知れずの努力があるのです。
試合だけ一生懸命やっているのではなくそれまでに辛く苦しい練習を乗り越えてきたからなんです。
「本番のときだけが戦いではない。その前から始まっている!」
小学校の頃、陸上の大会に出る前に先生が言っていたことです。これは野球でも同じ。
大会だけが勝負ではなくそのもっと前から本当の勝負は始まっているのです。勝つために考え、辛く苦しい練習も何度も乗り越え勝てるように準備をしてくるのです。
勝負というのは自分の思っている以上に早くから始まっています。私が高校時代にそう感じた試合がありました。
相手はそれほど強くなく何度か練習試合をやったことのあるチームだったのですが、そのチームにコールド負けしてしまったのです。
そのとき監督からは準備ができていないと言われ確かにそうだと感じました。つまり私たちは勝てると過信して準備を怠ってしまったのです。
メンタル的にそういう感情を抱いてしまうと身体もなかなか準備ができないのだとわかりました。
まずはどんな相手でもいつも通りに準備することが必要です。そうは言っても人間それが難しいのです。なぜなら必ず相手がいるからです。私もそうでした。絶対に相手を見て強さを判断してしまうことが多かったです。
強い相手よりも自分たちよりも弱い相手のときの方が思うようなプレーができないことが多くあったのです。
そうならないためにもルーティンが必要だと気づいたのです。自分のルーティンがあれば自分のペースを作ることができ相手に流されるということも少なくなったのです。
自分のルーティンを見つけて自分のペースをつかんでみてください。
お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容