未来コーチングアーチ【失敗から学ぶ】
「失敗とは、失敗から何も学習しないこと。」
失敗から何かを学ぶことは大事なことです。

何度も同じ失敗をしていたらそこから多くのことが学べるはずです。

スポーツではミスや失敗は誰にでも起こるものです。しかし、そこをどう回避するか考えることが選手にとって必要なことです。

プロ野球のノムさんはメジャーリーグの田中将大投手(マー君)のことをこう言っていました。
「マー君は失敗を回避する能力が他の選手よりも優れている」と言っていたのです。

つまりこれは、マー君は失敗から学び次に同じ場面が起きたときどう回避するのか分析して練習や試合の中で修正しているということです。

失敗から学習するとはこういうことを言うのだと思うのです。

試合でミスや失敗してダメだったと落ち込むこともあります。しかし一流の選手はそのミスや失敗を無駄にしません。それを最大限に生かして最高のパフォーマンスができるように修正していく能力があるのです。

一流の選手だからではなく生かすことができるから一流になれたのです。

だから試合で大きなミスや失敗をしたとしてもまずは何が悪かったのかと分析して次にどうすればうまくいくのかを考えて修正していく。これが失敗から学習するためには必要なことだと思います。

失敗してどうしても気持ちが落ちてしまう選手、まずはご相談下さい。無料セッション実施していますので、お気軽にお問い合わせください。無料体験セッションの詳細はこちらです。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容