未来コーチングアーチ【自分を信じるには・・】
「周りに無理だという人間がいたとしても、他人に自分の限界を決めさせるな。強い信念を持って、自分を信じるんだ。」今回も野球漫画のネタを書こうと思います。

この名言はルーキーズ熱血教師の川藤幸一先生の言葉です。

他人に限界を決めさせてはいけない、そうなると可能性は狭くなってしまうということです。

人は他人からの言葉にはすぐに耳を傾けてしまいます。その言葉を信じると自分はここまでしかできないのだと限界を勝手に自分の中で決めてしまいます。

それは自分を信じれなくなったときによくなります。

自分を信じられるなら他人からの言葉に惑わされることも少なくなるはず。でも自分を信じることってそう簡単にできることではありません。試合でミスをしたり、他人からできないとマイナスなことを言われたりするとすぐに自信をなくしてしまいます。

そういうときこそ自分を信じて頑張ろうと自分に言い聞かせてもなかなか自信を持ってプレーすることは難しいですよね。

そんなときは他人を信じてみてください。マイナスなことを言ったりする人ではなく自分が信頼できる人からの言葉を信じることが自信になるのだと思います。

私の経験から信頼できる人の言葉は自分に勇気を与えてくれるし自信にもなります。そして結果的に自分を信じることができて結果もよくなるということなのです。

私の場合はコーチでした。監督でもコーチでもチームメイトでもいいです。信頼できる人からの声掛けを大事にしてみてください。

自信を持ってプレーしたい!コーチのメンタルサポートをご希望の方は下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容