未来コーチングアーチ【全力のプレーが良い結果を生む】
「詰まっても、ボテボテでも、当たり損ないでも何でもいい。 とにかく、ヒットが打ちたい。僕が打てば負けない、 そんな打者になりたいんです。」ジャイアンツの長野選手の言葉です。

どんなかたちでもヒットを打ってチームに貢献したいということですね。
自分のバッティングがいいのか悪いのかそんなことを考えずチームのために出塁して得点を取って勝ちに貢献したいというその気持ちは大事なことだと思います。

バッティングではいい当たりでヒットになること、これが理想だとみんな思っています。

だからぼてぼてで運良くヒットになったとしてももっと気持ちのいいヒットを打ちたかったと思ってしまうこともあるのです。

しかし、いい当たりも悪い当たりもヒットになるなら結果は同じです。気持ちのいいヒットが打てなくてもぼてぼての打球でも塁に出てチームのためになるならそれで成功だと思うのです。

よく打った瞬間に悔しそうな表情をする選手がいます。確かに詰まったりボテボテだったときは悔しい気持ちになります。

私もそうです。詰まったりボテボテだったときはアウトになることを考えてしまいます。ピッチャーとの勝負に負けたんだと悔しい気持ちになります。

その悔しい気持ちは選手として大事なことだと思いますが、そのあとどうするべきかがもっと大事なことです。

ボテボテでどうせアウトになるとわかっても全力で一塁に走ることです。長野選手は何でもいいからとにかく出塁してチームに貢献すると言っています。

基本的なことかもしれないですが、このようなチームのためという思いをもってプレーすることが大事です。そうすると自然と結果がついてくるはずです。