未来コーチングアーチ【やらずに後悔してはいけない】
「自然に一歩をふみだせるよう、まずはちゃんと準備をしておく。そのうえで「どうしようか」と迷っているのであれば、思い切って歩み出してみる。やらないで後から「やっておけばよかった」と後悔するよりは、やって失敗して後悔したほうが絶対にいい。」日本ハムファイターズの栗山英樹監督の言葉です。

迷っているのならまずはやってみること、やらずに後悔するのだけはだめだということです。

やっておけばよかったと終わってから気づいてもできないことってあります。中学野球や高校野球は三年間しかありません。

その短い中で思い切ってやってみることが大事だと思います。

ここで同じような経験があるのでお話します。

私はずっとピッチャーに憧れていました。中学からの野球だったのでマウンドに立ったこともなく、甲子園を見てずっとやりたかったポジションでした。

しかし、中学では少年野球からずっとピッチャーをやっていた同級生がいたため自分はきっと勝てないと思い内野手でレギュラーを目指すことにしました。

やっぱり一度はピッチャーをやってみたいという思いが強くてそのとき監督にアピールするようにピッチング練習をしたことがあります。それが良かったのか私は三年生が抜けて新チームになったすぐにピッチャーをやらせてもらえるようになりました。

でも試合で投げてみたものの球は遅いしコントロールは悪いし、どう見ても勝てるようなピッチャーではなかったのです。私はその同級生に負けたくない気持ちで必死に投げ込みや走り込みをしました。

それでもやっぱりうまくいかずピッチャーを諦めることになってしまったのです。

そこで感じたのは栗山監督と同じようにやらずにずっと後悔するのはだめなんだと気づいたのです。やらずに後悔してモヤモヤしているならあの時にピッチャーをやってみてダメだったとわかったことに一つも後悔はしていません。

きっとあそこでピッチャーをやっていなかったら高校でも同じようにピッチャーやりたいけど自信ないからやめておこうと、やらずに後悔していたかもしれません。

やらずに想像の中でだめだと思うことは後悔に繫がります。

だから迷っているのならまず「やってみること」が大事です。やってみれば答えは出ます。

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容