未来コーチングアーチ【人を見て法を説け】
人を指導する法則の1つに「人(にん)を見て法を説け」という法則があります。

この意味は相手の人柄や能力を見て、それにふさわしい助言をすべきである。人(にん)を見て法を説け。ということです。

人はそれぞれ性格が違いみんな同じ指導の仕方ではいけない、どんな人でどんな指導をしていけばいいのかを考えるのがいい指導法なのだそうです。

例えば、厳しく指導したらいいのか、褒めて伸ばすような指導をしたらいいのか、あるいは論理的に説明したらいいのか、イメージや感覚で説明したらいいのかなど人によって変えていく必要があるのです。

指導者はその人に合った説明の仕方や接し方で選手の能力を伸ばすことができるのです。逆に言うと間違った指導の仕方では能力を妨げてしまうこともあります。

だから指導者は選手をよく見てどういう性格でどれほどの能力を持っているのか見極めることも必要なのです。

そしてその人に合った指導を心がけることで個人としての能力アップもチームとしても成長していけるのだと思います