未来コーチングアーチ【好きな気持ちを忘れない】
「どれだけ野球を好きで、どれだけうまくなりたいか。そこで差がつくのがプロの世界」元プロ野球選手の稲葉篤紀さんの言葉です。

野球が好きでうまくなる気持ちを持っていることが大事だということです。

プロ野球選手にとって結果を残していかなければ生き残れない世界です。そんな厳しい中で野球が好きでもっとうまくなりたい気持ちを持つことは難しいことかもしれません。

しかし、そのような気持ちを持った選手が一流になっていけるのだと言っています。

これはプロ野球に限らず高校野球や中学野球でも同じことだと思います。

レギュラー争いが激しく、毎日厳しい練習でなかなか野球が好きだとかうまくなりたいという気持ちを持てないこともあるかもしれません。

私も高校野球では厳しい練習ばかりで野球をやめてしまおうと思ったこともありました。

でもそのときにどうして野球を始めたのかということを思い出し、やっぱり野球が好きだからだと思ったのです。その気持ちを取り戻すことができたから続けてこれたし、自分を成長させることができたのだと思います。

好きな気持ちがあればうまくなりたいという気持ちも持っているはずです。

日々の厳しい練習やレギュラー争いなどで「好きな気持ち」を忘れていないか考えてみてください。その気持ちを取り戻すことができるともっとうまくなりたい気持ちが自然と出てきて自分を成長させてくれるはずです。