未来コーチングアーチ【悔しい気持ちが人を成長させる】
「悔しいと思う気持ちが、技術を向上させ、人を成長させる。」高校野球の名門校監督の言葉です。

悔しいと思う気持ちがあれば、技術も人としても成長できるということです。

試合で負けたときどんな気持ちになるか?結果が出なかったときどんな気持ちか?人それぞれ考え方はたくさんあると思います。

しかし、直感的に悔しいと思えるかどうかが大事だと思います。その気持ちがなければ自分を成長していくことができないからです。

私は野球をやっているときチームが負けたとき悔しい気持ちもありましたがそれ以上に思うように活躍できなかったことにとても悔しい気持ちがありました。

こんなに練習してきたのに・・という気持ちが込み上げてきました。

その悔しい気持ちは「練習に対する真剣さ」だと私は思います。真剣にやってきたからこそ結果が出なかったときに悔しいという気持ちになるのです。

真剣でなければしょうがないで終わってしまうかもしれません。そうなると技術的にも人としても成長できないということです。

悔しい気持ちがあれば自然と「もっとこうなりたい」という思いが出てきて技術的にも人としても成長していけるのだと思います。

そのためにはやっぱり普段どれだけ真剣になれているのかが重要です。練習を真剣に取り組んでいるか、手を抜くことを考えていないか思い返してみてください。

それでもどうしても真剣さが欠けてしまうという人はもっとこうなりたいという思いを強く持ってみることです。そうすると真剣さを取り戻すことができるはずです。