未来コーチングアーチ【どうしても結果が出ないとき】
一生懸命やったのに試合で結果が出なかった、思うようなプレーができず活躍できなかった・・スポーツでは練習をしても結果が出ないことはよくあることです。

それが選手の課題だと思います。結果を出していくには練習が必要です。その練習の中でどれだけ一生懸命になれるかが重要だと思っています。

「一生懸命やったという言葉は、結果が出たときに初めて使える。一生懸命やることと、ただやることは違う。」
興南高校野球部の我喜屋優監督の言葉です。

一生懸命に練習をやることは大事。でも一生懸命やったかどうかは結果が出たときにわかるということです。

そうは言ってもどうしても結果が出ないときはあります。一生懸命練習に取り組んでいても結果が出ないこともあると思います。

そういう時は結果ばかりを気にしないことです。結果がすべてではないと思います。打席に入ってヒットが打てなかったとしてもそれまでの努力は必ず生きてきます。

毎日1000本素振りをやっていても打てないこともある、しかし力がついたとかスイングのスピードが上がったなど見えないところで自分が成長しているはずです。

私も野球をやっていたときはヒットを打てなくて悩んでいたことがありました。どうして打てないんだろうといろいろ考えたのですが抜け出せなかったことを覚えています。

そのとき、試合では思い切り振ればいいと思うようにしました。そのために練習をするようになりました。

そうすると気持ちが楽になり、自然と結果もついてくるようになったのです。

スポーツでは結果を出していくことは大事なことだと思いますが、そこばかりを気にしていると結果が出なかったときに気持ちが落ち込んでしまいます。

一生懸命やっても結果がついてこないときは一度結果のことは忘れて自分がどういうプレーをしてみたいのか考えてみることが大事です。