未来コーチングアーチ【前を向いて、胸を張って】
「俺はさ、決めてるんだ。絶対に下だけは向かないって。チームがどんな状況にあっても、前を向いて胸を張っていようって。キャプテンってさ、そういうもんじゃない?」
巨人の阿部選手がキャプテンを務めていたときキャプテンについて語ったときの言葉です。

キャプテンはチームが悪い状況であっても下を向いてはいけないということです。

チームの中心に立つ存在であるキャプテンが下を向いていてはチーム全体の雰囲気も悪くなってしまうのです。

キャプテンはチームの中心に立つ人です。下を向いていたら全員が同じようにそうなってしまいます。そうするとチームとしては非常に雰囲気は悪くなっていき練習でも試合でも気が抜けてしまうこともあります。

キャプテンは自分のこともチームのことも誰よりも考えないといけません。

逆に言えば悪い状況であってもキャプテンが前を向いていればチーム全体の雰囲気も良くできるということです。

阿部選手のように絶対に下をむかないという強い気持ちが大事だと思います。

甲子園に出るようなチームを見ていると本当に元気が良く胸を張ってプレーしています。下を向いたり嫌な顔はしない。キャプテンの存在というのは本当に重要なんだと感じました。

チームにとっても自分にとってもいいことばかりではないかもしれないけど、そういう時にどれだけ前を向けるか胸を張れるかがキャプテンという立場の課題ではないかと思います。