未来コーチングアーチ【自分の居場所を見つける】
「いつだって期待されたスタートじゃなかった。僕にはそれが似合ってる。いつだって自分の居場所は自分で見つけてきましたから。」メジャーリーガーの青木宣親選手の言葉です。

期待されないかもしれない、能力を認めてもらえないかもしれない、そういう状況でも自分の居場所を持ち目指すところをしっかり見て努力することが必要だということです。

期待されていないから諦めるとか頑張ってるのに期待されないことだってあると思います。監督や他の指導者から期待されないことだってあります。

それでも自分を信じること、目指すところを見失ってしまってはそれこそ期待されないままになってしまいます。

しかし私は期待されなくてもいいと思っています。なぜならそれはときにはプレッシャーになってしまうこともあると思うからです。

とは言っても選手である以上期待されたいと思うのが普通です。

しかしこう考えることもできます。期待されていないとしても自分の一生懸命なプレーを見てほしいと思うことです。

そうすると自然と周りからは応援したいと思われる選手になっていくのです。

私はそう思って野球を続けてきました。何試合も結果が出ない中、人から期待されることも少なくなったとき私は自分の一生懸命なプレーをすればいいと思うようになりました。

そう思うと自然と気持ちが楽になり少しずつ結果も出すことができたのです。

だから私の経験からも言えるように期待してもらえなくてもいいのです。一生懸命プレーすることが何より大事だと思いました。