未来コーチングアーチ【切り替えの大切さ】
試合で何をやってもダメな日ってありますよね。ヒットが打てなかったりエラーしたりランナーでアウトになったり、そういうミスは連発するものだと思います。

その原因は気持ちの切り替えができていないからです。

切り替えようと思っていてもまたは周りから切り替えていこうなんて声をかけられてもなかなか切り替えられないことは多いです。

なぜ切り替えが難しいのでしょうか?

それはマイナスな出来事のほうが強く頭に記憶してしまうからです。

いいプレーがあっても悪いプレーひとつで塗り替えられてしまうものです。

「守備の時にバッティングの事とか考えちゃうんですよ。そんな時に限って打球とかが飛んでくるんで。やっぱエラーしますよね。違う事を考えてるんで。やっぱ気持ちの切り替えって大切だなって思います。」ヤクルトスワローズの山田哲人選手の言葉です。

山田選手も切り替えは大事だといっています。

やっぱりミスが続いてしまうのは切り替えができていないことが原因ということです。

しかしそれはわかっているけどなかなかできないことです。

そんなとき山田選手は日々の練習で心がけていることがあるそうです。

短い時間で思いっきり集中すること、量や質は考えずただ没頭するのです。守備練習のときは守備のことだけを考えてバッティングのことは考えないという。

逆にバッティング練習のときはバッティングのことだけを考えて練習をするのだそうです。守備ではどうやったら難しい球をさばけるかとかバッティングだったら変化球をどう打つかとかいろいろ考えることがあります。

このような日々の練習から切り替える能力が養われているのではと思います。

練習からやっていくことでいざ本番でいい結果が出なくても切り替えが早くなるはずです。