未来コーチングアーチ【マイナスな気持ちの切り替え】
試合で思うような結果が出なかったりミスをしてしまったり野球の試合ではそういったことは必ず起こるものです。

プロ野球やメジャーリーグを見ていてもミスをしなかったり結果を毎試合出し続けている選手はいません。

それよりもそれをどう切り替えるかの方が大事だと思います。

「メンタルを切り替えるためのきっかけを常に求めている部分はあるかもしれません。」日本ハムファイターズの大谷翔平選手の言葉です。

大谷選手は自分自身をマイナス思考だと思っているようです。良かった試合よりも悪かった試合の方を意識してしまうそうです。

でも結果が出なかったときやミスがあったときに一瞬で気持ちを切り替える方法を持っていると言っています。

それはコーチとの会話、書籍、映画などから何かヒントを探しそこからマイナス思考から脱出する方法を模索するのだそうです。そして気持ちを切り替えまた次の試合に臨むのです。

気持ちが落ちているときには他人からの言葉は非常に心に響きます。自分一人で考えていてもなかなか解決できないことも大谷選手のようにコーチとの会話や本で読んだ内容や映画で見たことなど他からパワーをもらうことで気持ちを切り替えることができるのです。

普段から一瞬で切り替えられる影響のあるものを常にアンテナを立てながら実行していくことが大事だと思います。

気持ちが落ちたときはいろんな人と話すようにするとか本を読む習慣をつけるとか元気がもらえる映画やテレビを見るなど影響を受けるものは身の回りにたくさんあります。

試合でうまくいかなかったときはぜひ実践してみてください。