【野球選手としての自覚を持つ】
「プロとして報酬を受け取っている以上、24時間、365日、プロとしての意識をしっかり持ち続け、仕事はきっちりしたい」
金本監督の現役時代の言葉です。

どんな時でも自分はプロ野球選手という意識を持っていたいということです。

これは高校野球でも同じ。プロ野球選手のように報酬を受け取ることはありませんがユニフォームを着てグランドに立っている以上、『野球選手』としての自覚を持つことが必要だと思います。

野球をやっているとき以外でも野球選手という自覚は持っておくことです。

例えば、授業を真剣に受ける、居眠りしたり遅刻したりしない、そういう日常生活でもしっかりやることが野球選手としては必要だと思います。

どんなときでも自分は野球選手という自覚を持つことです。日常生活でもプレーに結び付くこともあります。

逆に野球がうまくいかない、なかなか上達しないと思ったら技術も大事ですが日常生活がだらしなくなっていないか見直すことも大事だと思います。

スポーツと礼儀が結び付くのはそこだと思います。

普段だらしないのに野球選手として成長できないと思うのです。

だからどんなときでも自分は野球選手であるという意識を持って野球も普段の生活も学校での生活もきっちりしておくことが成長に繫がっていくのです。