未来コーチングアーチ【悪い結果を考えないこと】
試合をする前から結果が出なかったらとマイナスの方向に考えてしまうことがよくあると思います。

そういうことを考えてしまうとやっぱり結果は良くありません。

逆に結果を出している選手は試合前からいい結果をイメージしています。結果が出なかったらと考えることなくプレーしています。

「信じて投げて打たれるのはいい。信じて投げて打たれたのなら、それは結果。一番いけないのは、やる前から打たれたらどうしようと考えること。」
プロ野球の落合博満さんの言葉です。

やる前から弱気になっていてはいけないということです。

そうなると自分のいつも通りのプレーができずに後悔してしまうことになるかもしれません。

もっと自分の力が出せたのに・・と後悔しないためにも自分を信じてプレーすることが必要だと思います。

しかし、自分を信じることはなかなかできないかもしれません。

そんなときは仲間を信じてみることです。ピッチャーであれば受けてくれるキャッチャーを信じてみる、あるいは守っている野手を信じて投げる、そうすると自然と自分のことも信じれるようになっていきます。

そうすると結果もついてきます。弱気になることも少なくなるはずです。

やる前から弱気で思うようなプレーができず負けてしまうのはとても悔しいです。そうならないために自分を信じて強気でプレーすること、それで負けても課題として次に活かせばいいと思います。