未来コーチングアーチ【犠牲バント】
野球では打席で打つ以外にもバントがあります。バントが苦手でもどうしてもやらなければいけないことってあります。

野球をやっていれば打つ方が絶対にいいとみんな思うはず。

あの元プロ野球選手でバント職人の川相昌弘さんでもやりたくてやっているわけではないと感じるときもあったそうです。

でも彼はこう考えました。

「野球ってスポーツがある限り、バントは絶対、永遠になくならない。」

野球がある限りバントはあり続ける、だったら誰よりもうまくなってやろうと考えたのです。

野球は打つ方が楽しいし、ヒットを打てたときは気持ちいです。でも嫌でもバントのサインが出るときだってあります。

でもバントだっていいところはたくさんあります。守備を乱す、ピッチャーにプレッシャーを与えられる、送ることで点に繫がるなどです。

経験談ですが、私もバントは苦手でした。でも、バントのサインが出て嫌だなと思いながらも打席に入らなければいけないときもありました。でも何度もバント失敗し、バントができないやつは試合で使わんとまで言われました。

点を取ってチームが勝つためにはバントは必ずできないといけないと思い必死で練習し、それから試合でうまく決められるようになったのです。

送りバントを決めてそれが点に結び付くと自分が送ったからだと、チームのために貢献できたという気持ちになりました。

大切なのはチームの力になれるのだと思うことです。

バントが嫌いでもチームのため、勝つためと思えること、これが大事だと思います。

野球に限らず他のチームスポーツでは自分が犠牲になることもあると思います。それはチームのためと思うこと、俺が決めたから勝てたんだと思ってもいいのです。