未来コーチングアーチ【基本に忠実に】
自分の技術を伸ばすのも体力や筋力をつけるのも基本あってのことです。

基本ができていなければレベルの高い練習をさせたり難しいプレーができるように練習することはあまり意味がないと思うのです。

野球で言えば基本はキャッチボールや素振り、トスバッティングといったところです。

その基本ができていなければ、実践的な守備練習をしたり右打ちの練習をさせても上達しません。

そのような難しいプレーも基本あってのことなのです。

基本に忠実に、普通のことを普通にさせた。見る方はつまらないかもしれないが、それが上達の一番の近道
落合博満さんの言葉です。

私が思うように基本ができなければ上達はしないということを言っています。

基本というのは確かにやっていて退屈なことばかりだと思います。でもその基本が一番大切で技術的にも体力的にもレベルアップするうえで必ず必要です。

私が中学時代に通っていた野球教室では高校野球から社会人野球まで通用する練習をやっていました。その野球教室から出た選手はプロになった方までいると聞いたことがあります。

実際どんな練習をしているのだろうと見学に行ったところ特別な練習メニューやトレーニングを行っているわけでもなく基本練習でした。

キャッチボール、ノック(捕球して送球)、素振り、ティーバッティング、フリーバッティングでした。見てわかるように基本練習ばかりです。

それで高校から社会人に通用する選手になれるということはやはり基本の練習がとても大切なのかがわかります。

上達に悩んでいるのなら落合博満さんの言葉通り基本に忠実になることからだと思います。