未来コーチングアーチ【人生のすべてが野球に詰まっている】
野球は人生のすべてが詰まっているそうです。

私が中学、高校と野球をやってきてそう感じています。苦しい練習やチームメイトと頑張ること、相手に勝つという勝負強さなどこれからの人生に必要なことがたくさん詰まっていたと思います。

これは野球以外にもスポーツは人生で大切なことを学べるものだと感じています。

これまで野球をやってきて選手としての成長もありますが、人間として大きく成長できたのではないかと思っています。

苦しい練習に耐える忍耐力、チームメイトを思いやる思いやりの気持ち、相手に勝つための戦略や闘争心など普段の生活ではなかなか鍛えることのできないことばかりだと思います。

「野球の中には人生のすべての要素が詰まっている。」
多くの一流選手を育てたPL学園高校の元監督の言葉です。

座右の銘は「球道即人道」だそうです。

これは、野球の道はそのまま人生に通じるということです。

野球を引退した後の人生でもしっかりと社会で活躍できる人間になってもらうという思いがあるのだと思います。

自分の今後の人生に必ず生きてくるという思いでトレーニングや練習に取り組んでいくことが大切なのです。

無駄な練習やトレーニングはひとつもありません。こういう考えなら少しでも気持ちが前を向くと思います。