未来コーチングアーチ【怪我をしないように普段から調整すること】
スポーツをしていれば怪我は向き合わなければいけないことです。

怪我をしてしまうと練習も試合もできなくなってしまい、他の選手やライバルに先を越されてしまうことになりかねません。

スポーツ選手というのは怪我とは付き合っていくものと言われています。

そこで私の考えは、怪我をしてから治すのではなく怪我をするまえに身体のケアをしっかりやること調整することが大切だと思います。

怪我をしてからでは遅いのです。怪我を防ぐために例えば、試合前のウォーミングアップや試合後のクールダウンをきっちりやり、怪我をしにくい身体にすることがスポーツ選手にとっては必要だと感じています。

高校時代、怪我をしたことがありました。
試合も練習も参加できず他の選手が自分のポジションにいるということが悔しかったです。

怪我をしていなければ・・怪我をする前に戻りたい・・と後悔していました。

自分がそのポジションを譲りたくなければ身体の調整を怠ってはいけないのです。

怪我をしてからでは遅いので怪我をしない身体をつくることが大切なのだと感じました。