【自分を知る】自分にはどんな能力があってどんな選手なのか?

自分自身がそれを知ることはとても大切なことです。

でもなかなか自分のことって自分が一番わかっていないことが多いです。

そんな時はまず他人のいいところを見つけてみるのもいいかもしれません。他人のことを見れるようになると自分のことも自然と目を向けられるようになっていきます。

長所も短所も見つけてみてください。

「足が速い」「パワーがある」「肩が弱い」「守備が苦手」

そうするとどんな選手になればいいのか分かってくると思います。

自分のことを知るということは自分に合った選手になることでもあります。

パワーがないのにホームランを狙ったり足が遅いのに盗塁をしたりと自分の長所や短所がわかっていないことでつまずく原因になってしまうと思います。

長所は伸ばし短所があれば直していくこともできます。

自分で見つけるのが難しければ人に聞いてみるのもいいでしょう。

まず素直に自分と向き合うことが大切です。そして自分を誰よりも知ることです。