こんにちは!未来コーチングアーチの鈴木です。

浜松を中心にスポーツ向けのメンタルコーチングを行っております。

 

今日のコラムはどんな人が成功に近いのかについて書きたいと思います。

どんな人が一流とかトップアスリートと言われていると思いますか?実際にそのような成功者をテレビで見ると話している内容からすごいなぁと感じます。

このような成功者達には共通点があります。

それは「失敗は成功の素」だと考え行動しているところだと思います。

たとえ試合でミスをしたとしてもそこからいろいろ分析し修正し次の試合に活かす、このサイクルを回し同じミスをしないように自分自身で成長していくのです。

ビジネスで言えばPDCAと言われるサイクルです。

PLAN=計画する DO=実行する CHECK=評価する ACTION=修正する

この繰り返しで大きく成長しているのです。これはスポーツでも勉強でも使えることだと思います。

試合で勝つためにどんな練習をしたらいいのか考え、実行し、それを評価する。そして軌道がずれていれば修正しまた計画に戻るというサイクルができるようになると選手として大きく成長できるはずです。

一回の試合でミスをしたからと言って諦めてしまうとそれは失敗に終わってしまいます。

失敗する原因としては途中であきらめてしまうというのが大きな原因だと思います。

しかし成功者は失敗しても何度でも挑戦し成功を勝ち取っています。やめなければ失敗ではないのです。

失敗したら諦めるという決まりはありません。成功するまで続けた人だけが本当の成功を手にするのだと思います。

自分を信じて挑戦を続けることが大切です。

 

 

コーチング無料体験をお試しください

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容