こんにちは!未来コーチングアーチの鈴木です。

浜松を中心にスポーツ向けのメンタルコーチングを行っております。

 

試合のときはどうしても緊張で力が入ってしまいます。それも大事な試合、大事な場面になればなるほど力んでしまうものですね。今日はそんな方に向けて力みの取り方を少しお伝えしたいと思います。

緊張すると自然に力みも出てくるのですが、このようなときチームメイトや監督、コーチからは「落ち着け」とか「リラックスしろ」などと言われることがあると思います。

しかし、そのような声をかけられても力みは取れませんよね。私も高校野球時代、練習ではしっかりボールを打ち返していたのに試合になると緊張してしまいなかなか思うような結果が出せなかったことがありました。コーチからは「もっと力を抜け」と言われていたのですが意識するほど力みが増してしまいます。

力を抜こうと思っても無意識に入ってしまった力はなかなか意識しても抜くことができないのです。このようなとき力を抜いてリラックスできる方法があります。

それは、自ら力を入れることです。意識して入れた力は意識的に抜くことができます。そして、緊張で入ってしまった力も同時に抜けていくのです。

私は現在ソフトボールをやっているのですが、何年たっても試合のときの打席は緊張で力んでしまいます。ですから、打席に入る前は必ずバットのグリップを強く握りしめてから力を抜くようにしています。そうするとリラックスして打席に入ることができ思うような結果が出せるようになったのです。

監督やコーチやチームメイトが緊張していそうな選手を見つけたら「リラックスしろ」「力を抜け」と言うのではなく「力を入れろ」と声をかけるといいかもしれません。

意識して入れた力は自分の意思で抜くことができるのです。

 

 

コーチング無料体験をお試しください

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容