こんにちは!未来コーチングアーチの鈴木です。

浜松を中心にスポーツ向けのメンタルコーチングを行っております。

 

今日のコラムではコーチングの聴く技術について書いていきたいと思います。

コーチングにおいて聴くというのはもっとも重要なことです。聴くことができなければ相手の答えを引き出したり、気づきを促すことができないのでコーチングの効果が損なわれてしまいます。

聴くときに注意しなければいけないことは、「聞く」ことになっていないかです。「聴く」と「聞く」同じ読み方ですが意味が大きく違うということをコーチングを始めたとき最初に学びました。

「聞く」というのは耳で聞くこと、しかし「聴く」は心で聴くということです。

傾聴するという言葉がありますが、これは心で聴くことで相手の話に心から興味や関心を持って聴くことです。この傾聴することはコーチングでは最も重要な技術なのです。

逆に「聞く」というのは、耳で聞くことで音や声が聞こえてくるだけなので関心を持って聴いていないのです。何か作業をしながら目も合わせず人の話を聞くのは「聴く」ではなく「聞く」なのです。

それから人の話を否定したり自分の意見を押し付けてくるのも「聞く」です。話は聞いているけど否定したい、早く自分の意見を言いたいという気持ちがあるとしっかりと話を聴くことができません。

まずはしっかり相手の顔を見て話を最後まで聴くこと、関心をもって聴くことから始めると良いと思います。そうすると「この人は私の話をしっかり聴いてくれる」と思われ、相手は気持ちよく話せるので良いコミュニケーションが取れるようになります。これができると「心で聴く」という本当の意味が実感できると思います。

スポーツでも仕事でもコミュニケーションは重要です。「聴く」という基本的な技術を身に付けることでチームワーク作りにも役立つはずです。

これから相手の話を聴くときは「聞く」ではなく「聴く」を「耳」ではなく「心」を意識してみるといいと思います。

 

 

コーチング無料体験をお試しください

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容