こんにちは!未来コーチングアーチの鈴木です。

浜松を中心にスポーツ向けのメンタルコーチングを行っております。

 

今回のコラムは球界を代表する外野手であるオリックス・バファローズの糸井嘉男選手について書きたいと思います。

糸井選手は首位打者、ゴールデングラブ賞、ベストナインなどの実績を残し素晴らしい活躍をしています。

プロ入団当初はピッチャーだったのですが、ピッチャーとしてはなかなか実績が残せず外野手に転向したのです。必死にプロ野球選手としてグランドに立ちたいという気持ちでファームでひたすらバットを振り続けていたそうです。

ピッチャーだった選手がバッターとしてプロに残るという過酷な状況だったのですが、その時のコーチの言葉が支えになっていたそうです。

それは「一番練習をやったやつが最終的に勝つ」という言葉でした。

糸井選手はその言葉を信じ、誰よりも練習に励んだのです。そして、糸井選手はその努力が実り球界を代表する選手となり数々の偉業を達成してきたのです。

糸井選手「一番練習をやったやつが最終的には勝つんや!」

コーチからいただいたこの言葉が糸井選手の野球人生を大きく変えてくれたんだと思います。

今の自分が劣っていたとしても大事なのは未来の自分が理想の自分になっているかどうかだと思うのです。つまり私は今の自分の能力は関係ないと思います。未来の自分が描けてそれに向けて行動して最終的に満足できる結果が出せればいいのです。

あなたが今結果が出せなくて悩んでいたとしても諦めることはありません。結果が出せない今だからこそ無限の可能性があるのです。

 

 

コーチング無料体験をお試しください

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容