こんにちは!未来コーチングアーチの鈴木です。

浜松を中心にスポーツ向けのメンタルコーチングを行っております。

 

目標達成を目指すために行動していても壁にぶつかってしまうことって誰にでもありますよね。その壁を乗り越えたときは目標達成にすごく近づく感じがします。

しかしその壁がなかなか乗り越えられないことが多いと思います。

野球部の方でも自分がホームランバッターになりたいと頑張っていても突然壁にぶつかってしまい、どうしたらいいのだろう・・と悩んでしまうことがあります。

このように壁にぶつかったときあなたはどのように乗り越えていますか?

まずは壁にぶつっかてしまうということは少なくとも自分の目指している目標に近づいていると言えます。行動できているから壁にぶつかるのです。そもそも目標がなく行動もしていなければ壁にぶつかることはないと思います。ですから、壁にぶつかっても折れることはありません、むしろ自分自身を認めてあげることが大切です。

壁にぶつかってしまうのは、人は今の自分の視点で考えてしまっているからです。つまり視点が固定化しているのです。視点が固定化しているときにはなかなか壁は突破できません。

今の自分の場所から考えているのなら過去か未来に誘導してあげるのです。

私がコーチングセッションをやるときこのような質問をします。

過去「以前、うまくいったときはどういう状態だった?」

未来「目標達成した自分はどんなアドバイスをくれる?」

などの質問をすると過去や未来の自分がいろんなことを教えてくれるので壁を突破するきっかけが見つかるはずです。

現在にばかりとらわれていると過去に経験したことや未来の自身のイメージが見えなくなってしまいます。

壁にぶつかったときは前の自分はこうやって乗り越えたなとか未来の自分だったらこうするだろうとイメージでもいいので考えることが大切です。

壁を突破できれば自分の成長も実感できます。くじけず自分のためだと思ってしっかり向き合いましょう!

 

 

未来コーチングアーチのコーチング無料体験をお試しください

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容