未来コーチングアーチこんにちは!未来コーチングアーチの鈴木です。

浜松を中心にスポーツ向けのメンタルコーチングを行って行っております。

 

野球で雑草魂と言えばメジャーリーグの上原浩治投手ですね。彼がなぜ背番号19を付けているのか聞いたことがある方もいるかもしれませんがこの意味について書きたいと思います。

背番号19には深い意味があるようです。

上原投手は小学校の頃からプロ野球選手になるのが夢だったのですが、高校時代は控え投手だったそうです。控えということでやはりプロにスカウトされるのは難しく大学で野球をやることを決意しました。

しかし、大学受験に失敗、まさかの19歳で浪人生活となってしまったのです。

野球がしたいという思いで練習をしながら塾に通いアルバイトもするそんな生活を送っていたそうです。今の上原投手からは想像もできないほどの過去があったのです。

雑草魂の原点は上原投手のこの19歳のときの辛く苦しい経験からなのです。

そして、この19歳の浪人時代の経験を忘れないために背番号19を背負ったのだそうです。

 

「浪人時代の1年こそ、上原浩治の礎であり、人生のか要である。

私は19歳のこの年を生涯胸に刻み付けるために、プロ野球選手になって背番号19を背負った」

 

このような苦しいことを乗り越えて一流の選手としてマウンドに立てているのですね。

私自身も高校時代は2年間レギュラーとして試合に出れず悔しい思いをしました。この悔しい思い、雑草魂があったから3年生になってからはチームのクリーンナップを任されるほどに成長できたのだと思っています。

他にもたくさんのプロ野球選手がいますが、みんなそれぞれ強い思いをもって背番号をつけられているのかもしれませんね。

レギュラーを目指して頑張っている方、なかなかレギュラーになれない方も雑草魂は大きな力を発揮すると思います。そしてレギュラーを超えられるほどの成長を遂げられるかもしれないのです。

諦めずに自分を信じて努力することの大切さを上原投手から学べました。

 

 

未来コーチングアーチのコーチング無料体験をお試しください

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容