未来コーチングアーチこんにちは!未来コーチングアーチの鈴木です。

浜松を中心にスポーツ向けのメンタルコーチングを行っております。

24時間テレビが始まりますね。毎年100キロマラソンで頑張っている芸能人を見ていると勇気づけられます。今年は林家たいへいさんが走ります。スタート前にすごく不安そうな表情でしたが武道館(ゴール)がイメージできていると強気なコメントをしていました。ゴール達成期待しています!

 

今日はスポーツと礼儀はどのような関係性があるのかを私なりに書いてみます。

私が高校に入学し野球部に入部したとき初めにやった練習があいさつ練習でした。よく運動部は礼儀正しいと言われています。廊下で先輩や監督にすれ違ったら大きな声であいさつしますが、挨拶の声が小さいときはよく説教されたのを覚えています。

野球部以外でも他の運動部は礼儀に厳しく指導されたと思います。体育の授業でも厳しく指導されました。教室で行う授業のときはそこまで厳しくないのにどうしてスポーツをするときは礼儀に厳しいのか疑問に思いました。

なぜスポーツに礼儀が必要なのか?

私は礼儀の良し悪しでプレーに影響するものだと思うからです。

礼儀とはスポーツを行う上で基本になるものだと考えています。

野球で例えるとキャッチボールができない人に実践的な守備練習をさせても基本ができていないため意味がないのです。

陸上選手で言うと走るときの正しいフォームが身に付いていないのに他の選手と競わせてもタイムはあがりません。

スポーツは人として成長できるものであり、それには基本となる礼儀が必要だと思います。礼儀の悪い人にはスポーツマンとしての成長も人間としての成長もできないということです。

私が入部してすぐに挨拶練習をしたのはこのような意味があったからなのかもしれませんね。

 

 

未来コーチングアーチのコーチング無料体験をお試しください

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容